人気ブログランキング |
ブログトップ

矢乃波波木の提督業と雑記帳

yanohahaki.exblog.jp

PSO2 しばらく不定期になります。

カテゴリ:アニメ( 82 )

ケムリクサ 11話まで見直し

と言う事で、ケムリクサ1話からまた見直す感じです。
あの時、このキャラの発言は?とか行動の意味は?
何気ない発言、行動に意味がある恐れがあるんですよね。

ちなみに。
11話見てからよくわからないから、1話から見る、なんて事はしちゃダメです。
それをやると、金田一やらコナンの解答編見るのとか、シュタゲ最終話を見てから全話見るくらいな状態なんで。
クロスワードの答え見ながら埋めるくらいもったいないので、1話から、もしくははじまりを含む趣味の動画を見るといいかなーと。

ヤノさんはけもフレ1期を12話のまとめ見てから見ちゃったクチなんですがリアルタイムで見てなかったのを残念に思えましたし。ケムリクサの最終回は来週なんで今ならまとめて見るチャンスですね。未視聴なら今!

ぶっちゃけどこまで伏線張ってるんだ、たつき監督は( ゚д゚) となるから怖い。
どん兵衛コラボすら、伏線だった気しますしね、今回の話みたら。

by yanohahaki | 2019-03-22 15:57 | アニメ | Comments(0)
アニメ消化中 ケムリクサ

9話までだらだらと。
こういう荒廃した廃墟的な作品を作るのが、たつき監督上手いなぁ、と。

わかばくんの立ち位置は、けもフレで言うかばんちゃん。
もしキャラが女だと、りん との絡みも無くなりそうなんで男性にして正解ですかね。

また話の流れもなかなか上手い。
1話は簡単な世界観と、仲間の死、2話でわかばくんの気づきなどを経て移動開始、3話から先は水を探す旅、7話付近で水確保などから新展開。

この危険な世界観の中で、旅は危機に陥りましたが、なんとか無事に先に進めた一行。
この先の謎などを考えると無事に終わらない気がしますが、どうなんですかね。

けもフレと比べるとあちらは明るい世界観でしたけど、こちらはそうはいかないので好みは別れますね。

ただ、話の結末が気になると言うドキドキ感は凄い。

by yanohahaki | 2019-03-12 15:56 | アニメ | Comments(0)
アニメ消化中 からくりサーカス。

からくりサーカス 15話まで。
超駆け足で話を進めた為、あっさり鳴海に落ちたしろがね、ゾナハ病棟、サハラ戦などが終わってしまいました。

フランス編がない為、アルレッキーノと鳴海の確執はなく、サハラで初対面だったり、エリ公女の話もない為、この先に出て来なそうですね。
また、やはり展開が早くするために削られたサーカス組の話が、からくり編よりも希薄になり過ぎる。
その為に、からくり編に絡む事になるはずの彼らの活躍は戦力未知数で参加する事になりそう。
リーゼのビーストの話も削られた結果、無理矢理ビースト絡みの話を作らせた感はしますね。

とはいえ重要なしろがねのキャラを削っている中、サーカス組のメンバーは残していたから絡ませる予定だったんでしょうが。

原作は緩やかな流れだったので、ついにサハラ!だったのを考えてみるとアニメは早すぎて、また削られたエピソードが残念ですね。

16話からはおじいちゃんの過去からフランシーヌらが絡み、エレオノールに絡む流れ。
そう、伏線はすでに1話で話貼られていたんだ!な流れになります。
ただ、ここから話は緩やかになるようなんで少し楽しみ。
というか、ある意味からくりサーカスの1つの山場ですからね、ここ。
少し残念な気分になりながら、最後まで見る事にします。




by yanohahaki | 2019-03-12 15:15 | アニメ | Comments(0)
f0037491_12350677.jpg
血小板ちゃんかわいい

by yanohahaki | 2018-10-30 12:38 | アニメ | Comments(0)
ユニコーン!

はいふり、見ないとなーと思いつつ、見てないヤノさん。
どうも最初のバナナ事故付近で、止まってます。けもフレ入試試験並みにキッツイ。

その代わりに機動戦士ガンダムUC劇場版7作を見ました( ̄^ ̄)ゞ
ユニコーンのUC、宇宙世紀のUCがかかっていたんですね。
結構、駆け足に思えたのはテレビ放送版見ていたからかもしれないですが、結構楽しめました。
鬱陶しいのは、あの婆さんだなぁ。あと薔薇の騎士(狂)。
日和見な無能な艦長と思ったら、あの状況でしっかりものを言うとか、艦長評価上がりまくり。
また、もう一人の主人公リディさんの変貌ぶりがまた。
少し線の細い好青年が、オードリーに遠回しに振られた挙句、バナージに嫉妬していき、さらにはバンシィに乗り暴れた挙句、マリーダさんを殺してしまったあとに、綺麗なリディさんになるのがなかなか。
f0037491_15535772.jpg
クソコラが有名だけどほんとこのままw

by yanohahaki | 2018-10-24 15:38 | アニメ | Comments(0)
ストライクウィッチーズOVA?

調べてたらOVAがあったのですけど、画像が何か違和感半端ない代物で驚いたり。

ブレイブウィッチーズの方の、9話接触魔眼発動回の菅野さんがぶるっちまうのを、ひかりが畳み掛けるあたりは結構好き。

正直、孝美さんがひかりを安全な場所に異動させる為、厳しくするって言うのは、3話で先生から諦めさせる為に厳しい対応するのと同じ作戦。
少なくても3カ月前線で戦っていた妹の力を全力で全否定しちゃう事だからなぁ。
対応間違えまくってるのが、失敗なんだろうなぁ。

諦める を知らない、押し通す性格だったと言う事を孝美さんは知っていたけど理解はしていなかったんだろう。

by yanohahaki | 2018-10-24 15:25 | アニメ | Comments(0)
圧倒的ウィッチーズロス(´・ω・`)

という事で、12話まで見終わりました。
うわ、ちょっと主人公ヤバすぎる能力で厳しいだろ・・っていうのが見てた感想。

敵に触れば確実に弱点がわかるけど、猛攻撃のネウロイに触れるまでも厳しいし、ついでに本人は宮藤さんと比べると圧倒的に魔法力がない。
シールドが完全ならば良い技なんですが、そうでもないから諸刃の剣すぎるっていうのが。

とはいえ、接触魔眼+剣一閃のコンビならなんとかできそうですね。

実際1、2話は旅立ち、3話で孝美さん離脱、4話から9話までは各キャラの掘り下げと交流、10話で転機、11話が決戦からの危機、12話が大逆転とある意味いつもどおりの流れでもあります。

そしてwiki見て気がついたのが、宮藤さん1期の時に軍機違反しまくったので大金星上げているのに不名誉除隊して予備役に回っていたんですね。
だからこそ、一般的にはあまり知られてないという。
軍関係にはヤバイほど有名ですけれど。

とはいえ、孝美さんにはまったく気が付かれていないのでやはり知る人ぞ知るレベルだったんでしょうね。
そして、まさかの2020年にストライクウイッチーズ最新作が・・・。

始まるときにまた見るとしますか・・。







by yanohahaki | 2018-10-23 18:01 | アニメ | Comments(0)
ストライクウィッチーズ1 2 ビクトリーアロー、劇場版、と見てます。
で、ブレイブを今見始めたところですね。
f0037491_23090206.jpg
坂本さん相変わらずです。
1期のブリタニア解放(最終話)が1944年9月なので、ちょうどその頃がブレイブウィッチーズの開始時期ですね。
この月の作戦でガリアのネウロイを撃破したので、この新聞では宮藤芳佳という存在はあまり知られていない様子です。
f0037491_23355898.jpg
雁淵中尉もこの時に坂本さんは知っているけれど、501に扶桑軍人がもう一人いるとは知らない様子。
この出発したあとくらいに世界は宮藤芳佳を知ったのかもしれないですね。
ストライク~で手紙が届いたのが月日がわからないのですが、ほんの数ヶ月ですしね。
2話の冒頭の新聞の號外が9月20日付ですが、こちらでも前面は坂本さんの記事になってますね。

となると、劇場版の話・・2の最終回後まで501に宮藤芳佳あり、ということは報道すらされていなかったのかもしれないですね。
作中で診療所の実家に人が詰めかけている様子もありませんから、軍では有名だけど一般では坂本少佐のほうが知名度がある感じですかね。

by yanohahaki | 2018-10-23 00:00 | アニメ | Comments(0)
適当にアニメ消化

アクセルワールド インフィニティバースト を視聴、OVA2つも視聴済み。

劇場版はアルペジオ形式の前半40分はアニメの総集編、後半がオリジナル(OVAよりも先の話)らしく、知らない顔がいくつか仲間になってましたね。

お祭りムービーと言うだけあり、6王そろい踏みの熱い展開。
確かにお祭りと言う感じでした。
いや、ストーリー回想が能見編までいくと思ったから、あっさり能見編がスルーされてて胸を撫で下ろしたのは内緒。

あとは、きらら系のアニメ うらら迷路帖 を一気見。
ある街で、切磋琢磨して目標を目指して進む女の子達のお話。
日常系のようなドタバタ話が中盤まで続き、後半はその目標の第一歩を踏み出す、という話で終わり。
銀髪系キャラが好きなヤノさんからすれば主役の千矢はけっこうストライクですな。

そんな感じです。

by yanohahaki | 2018-10-15 15:18 | アニメ | Comments(0)
アニメの24話まで一気に見ました。
先輩、ハルユキのこと好き過ぎでいい感じですよな。

結構腑抜けなところも目立つハルユキも、覚悟を決めるとキャラが変わるあたりはいい感じです。
能美の罠にハマってからの、少しずつ抜け出す展開、最後の最後でのドンデン返しとか。

主人公側が無双できるわけでもなく(飛行アビリティは優秀ではあるが)、少しずつ強くなっている感があり、SAOのアニメよりはしっかり描写されていたのかもしれません。
最も、SAOはエピソードが飛びまくるらしいのを時系列ごとにまとめたのでああなったんでしょうけれど。
黒猫団全滅の話とクリスマスの復活アイテムの話、シリカと会うまでが大体半年以上あるみたいなので、圏内事件でアスナと行動→相思相愛までの流れが性急に思えたり、または黒猫団後のキリトの様子とかちらっと気にしている話があればよかったんだと思うんですよね、アレは。
多分、クリスマス付近でちょっと描写があれば・・ってのが尺の都合で省かれたゆえの違和感だろう。

ということで、SAO SAO2 アクセル・ワールドと3作みて、あとは各劇場版、という感じですね。
意外に最近、いろいろと見るようになってきたので、そろそろとあるシリーズの見てない話追いかけますかね。

一応、とあるの新約の数冊まで読んではいたんですけれど、結構忘れているのと超電磁砲Sはノータッチ、禁書Ⅱは多分 数多部隊vs一方通行の話が原作より凄惨ではないのを知ってがっかりして見なかった気が。(何か金のために妹か子供かを育てるために参加したら一方通行に無慈悲に・・みたいなモノローグがナシで消えたキャラがいた)

ということで、なにか見てないアニメまた見てみようかと思います。



by yanohahaki | 2018-10-13 23:50 | アニメ | Comments(0)