人気ブログランキング |
ブログトップ

矢乃波波木の提督業と雑記帳

yanohahaki.exblog.jp

PSO2 しばらく不定期になります。

FGO キャメロット編終わり

FGO キャメロット編終わり

うん、いかに忠義があろうが、やった事は大殺戮者でしかなかったんで、円卓スレイヤー出来て良かった良かった。

モードレッドもロンドン編で持ち上げていい奴だなー、からの救いなしの退場、ガウェインはエクストラの実直で主人思いなキャラでいたのに、なんつうかつまらないキャラに成り下がった感じがなぁ。

ランスロットが逆に下げから成層圏くらいまで上げてたのが逆に印象的。
トリスタンも最大の虐殺キャラ過ぎて印象は最悪でした。悲しい悲しい黙ってろ、と。

まあ内容としては、アーサー王伝説のラストがifの話。そういう未来がありえたかもしれないね、という話なんですけどね。
ベディヴィエールを本筋としたならまあまあ楽し、めたかなぁ?
いや、やはり円卓死すべし、慈悲はない。
これしか浮かばないわ、やっぱり。

ラスボスは獅子王なんですが、自体を大きくしたせいで、対抗手段すらでかくしないといけなかったような気がします。
こう、なんか配役の調整はイマイチ。
実際、円卓はもう少しなんつうか、過ちを認めて何か行動を起こすと思ってたんですよ。
それがなかったのがかなり拍子抜けでした。

キャメロットの悪いところはいくつもあるんですが、一つは節のタイトルが結構、ネタ的タイトルをつけるの疲れたから適当につける、感が強かったです。
あとは今回の円卓のギフト、と言う能力。
毎ターン宝具、弱点消失、弱点反転、ダメージ8割軽減とか、個性を出す要素としてはありなんでしょうけど、やりすぎだろと、笑うしかない展開しかなく、ゲームバランスはこれっぽっちもありません。
ただでさえ敵は毎ターンスキル上書きとかして、HPも40万以上とかあるのを倒さなくちゃいけないのは結構苦痛。

もちろん、ノーコンティニューで勝つための戦い方とかはありますし、低レアのキャラも育てれば高レアより強いのがいる、と言うのはわかるんですけど。
話を知りたい→育成しないと勝てない→種火集めても少ししか上がらない、となるとやはりやる気なくなっちゃいます。
ぶっちゃけ普通のレベル上げ部分はもっとサクッと上げさせてくれてもいいと思うんですよね、これ。

と言う事で、キャメロット編は正直あんまり楽しくなかったかな、と。
f0037491_01540171.jpg
ガウェイン倒した時と、トリスタン死んだ時はザマァ、としか思わなかったな、ほんと(゚ω゚)

by yanohahaki | 2018-10-13 01:06 | FGO | Comments(0)