ブログトップ

矢乃波波木の提督業と雑記帳

yanohahaki.exblog.jp

PSO2 しばらく不定期になります。

今更ながらエヴァの新劇2作目を

今更ながらエヴァの新劇2作目を

冒頭で新キャラのマリが変な使徒と試作5号機で相打ち。

アスカ来日して、使徒を単騎で撃破。

新敵なんでここらは新鮮。

ミサトの部屋にてドタバタはありながらも、落ち着く流れ。

海洋生物センターにて、シンジ君男子力を女子に見せつける。
味噌汁を飲んでデレを見せるレイ、何だかんだと意識し始めるアスカ。

落下する使徒はあっさりではないが、3人の協力で撃破。

お食事会を開催したい、と言い始めたのはなんと綾波。
ゲンドウとシンジを仲良くさせようなんて、考えてくれるなんて、ビックリである。

頑張って料理する中、呪われた3号機が再び使徒化。
今回は鈴原ではなく、アスカがダミープラグ初号機により、まさかのエントリプラグごとゴキリッと。

ダミープラグで、アスカを殺しかけた事に怒り心頭なシンジ君は初号機で立てこもるもLCLを濃縮されてあえなく御用。

初号機から降りてゲンドウに決別宣言するシンジ君。
また逃げ出すのか、と言い出すゲンドウ。
だが待ってほしい、子供から逃げて話す事から逃げて威圧してるお前が言うセリフじゃねーです。

最強使徒相手に、裏モード2号機は敗れ、シンジ君を戦わせない為に、と特攻したレイも敗れ、さらには捕食されてしまう最悪な流れ。

一方シンジ君は、1人シェルターで膝を抱えていたらそのシェルターに大破した2号機が突っ込んで来ました。
正直危な過ぎる。

マリの話により、戦う決意をしたシンジ君は初号機に乗り込み、ゼルエルを肉薄する中で活動限界を迎えてしまう。
そう、あの捕食タイムになるかと思った中、エヴァの新能力覚醒により、ゼルエルを撃破しさらにはゼルエル内部の綾波を救出成功するものの、羽根が生えて行きサードインパクトが発生!

と、思ったら6号機に乗って来たカヲル君の投げたロンギヌスの槍により貫かれて活動停止して終了(・ω・`)

正直、1作目では萌えがなかった綾波が碇君のために!と特攻したのはなかなか良い感じでした。

が!
アスカどーなったん?とか、レイ助かったのか?と言うあたりはなく終了。
そして疑惑の偽予告にてアスカ生存が。
登山する冬月、ゲンドウが見えるのは予告だけ!

1作目に比べれば突っ込みどころは少ないんですが、使徒殲滅から新たなる使徒の登場まで間があまりないので、あっさり感が半端ないですね。
テレビ版から逸脱して行ったのは良かったんですが。

そして3作目は、その。
コミュ症の大人たちにより、何も教えてもらえず、黒波やらカヲルくんも説明してくれないまま話が進んで終わるだけなんで(・ω・`)

まあ、視聴者側とシンジ君を置いてけぼりにしたまま疾走しちゃったんで、4作目がどうなるか予想できないんですよね(・ω・`)

最後にアスカが見せたのは、何だったんだろう、と言うのが一つの謎。
あと、カヲル君は何で首輪爆弾をシンジ君から外したのに自分の首に巻いたんだろう(・ω・`)?




[PR]
by yanohahaki | 2018-06-06 22:11 | 映画 | Comments(0)