ブログトップ

矢乃波波木の提督業と雑記帳

yanohahaki.exblog.jp

PSO2 しばらく不定期になります。

伊33のこと その1

f0037491_21060479.jpg


ということで、設定盛ったら色々と愛着が湧いてしまった艦これSSから作成した2隻目の艦娘 伊33さん。

艦これSS中(未完成)で、ハワイへ向かった連合艦隊一行と硫黄島近海で遭遇したのがこの伊33。
もっとも、自身の過去(建造時、改装時の事故、航海試験時の事故で着底)のため、とにかく他人と関わろうとしたくなかった彼女でしたが、利根や龍鳳との交流や、硫黄島近海で出現し深海勢力に襲撃されてしまったワシントンを助けるために単身囮となり轟沈・・・しかけてしまったが連合艦隊と共に行動し哨戒していた伊401に救助された。

艦歴を知っていた鈴谷は横須賀提督に危害が起きるのは避けたいが為に、提督と触れそうになったりすると伊33に声をかけたり近寄ったり、頭を触ったりして回避させていた。
が、本心と裏腹に伊33を撫でたり、抱きしめて提督から離したりした結果、髪や体の柔らかさや華奢な感じが気に入ってしまう。

二言目には自分と触れ合うと不幸になる・・・と言っているのを気にした佐世保の老提督の発案でそんな不幸ならば雪風と一緒にいるのはどうじゃろうか?という思いつきで伊33はしぶしぶ雪風と行動するようになる。

ウェーク島攻略作戦中コンビで出撃した伊33と雪風であったが、敵駆逐疾鬼を一緒に攻撃する作戦を立てるも、整備はされていたはずの魚雷発射管が開かない、倒したはずの敵航空戦力の一部が雪風に特攻をかけて来て雪風の反応も消失してしまう。

戦闘後の捜索でも雪風の姿は見えず、この事から一部の艦娘から伊33の呪いは不沈艦雪風の幸運すら食い潰した、という話を聞いてしまい深く他者を避けるようになってしまう。
f0037491_21063306.jpg


[PR]
by yanohahaki | 2017-12-30 21:35 | PSO2 キャラメイク | Comments(0)