ブログトップ

矢乃波波木の提督業と雑記帳

yanohahaki.exblog.jp

PSO2 しばらく不定期になります。

カテゴリ:追憶の紅葉( 3 )

複数され、改造されたマターボードにより時間軸の混線が発生。
これにより、紅葉は鬼子の過去から別の流れに迷い込んでしまう。

仮面《ペルソナ》との遭遇。
本来マトイを助けるだけの場面でマターボードに異変が起き、仮面《ペルソナ》が登場してきます。
慢心をしたわけでもない彼女の防具は砕かれ、絶対絶命に陥ります。

御前様との出会い。
危機を救ったのは鬼子の知人、師でもあるらしい鈴鹿。
対峙する鈴鹿は、仮面同様に怪訝な顔を浮かべます、互いに誰だ?と睨み合い仮面はこの場は立ち去ります。

《未来》の鈴鹿

鈴鹿は、紅葉と初対面であるハズに関わらず久しぶりじゃな、と挨拶をしてくる。
紅葉は鬼子から鈴鹿が行方不明であると聞いていたものの、本人であるとわかり特に気にはとめませんでした。
後日、帰還した際に会うことができましたが、その際 初めて会うな、と言われています。
そのあたりから、マターボードの中の鈴鹿は捻れた時空の未来からやってきた人物である、と結論付けられました。

仮面《ペルソナ》
正体は誰なのか、対峙した鈴鹿、紅葉らを見てお前たちは誰だ?と聞いているくらいなので、恐らく二人を知らない人物らしい。

《過去》のハドレッドと《現在》のクーナ
捻れたマターボードの中。
ウォバルに来た紅葉と鈴鹿。
そこに現れたのは白い片角にハチマキを巻いた暴走龍。
奇妙な事に人を襲わずにダーカーを呼び出しては消滅させているその龍の姿に鈴鹿は彼の名前を呟く。
クーナのような歌を歌えず鼻唄ながらなんとかメロディーを奏でる鈴鹿。
それに合わすかのように歌詞を乗せて現れたのはクーナ本人。
消滅したはずのハドレッドの姿がある事に驚きを隠せずに事情を聞いてきます。
紅葉とは、鬼子を通じて面識がある為知っており、鈴鹿には《あなたの前で消滅した》ハドレッドについて尋ねています。

現れた《過去の三英雄》。
捻れた時空から現れたのはそれだけではなく。
ハドレッドを討伐しに来たアークスが3人姿を表します。
ダークファルス封印の前の景気付けにハドレッドを倒そうとする3組の人物。
レギオス、カスラ、クラリスクライスの3人。カスラ、クラリスは知っている姿と別人。また、ダークファルス封印と言う話からどうやら過去からきた様子。
ハドレッドを護る、という使命を感じた紅葉、鈴鹿、クーナは共闘し向かい打ちます。
過去のレギオスを未知の、いつかは作ろうとしていたブレイバーの技で圧倒する鈴鹿。
手癖の悪そうなカスラを牽制するクーナ。
クラリスクレイスは力で押せばなんとかなると、甘く見た紅葉。
クラリスクレイスがハドレッドを狙うならば、と突撃した紅葉は顔面ゼロ距離でチャージされたグランツを受けてしまい爆発と言う共に吹き飛ばされます。

戻った記憶と紅葉の《マターボード》
グランツの衝撃により、仮面が粉砕されて地面に崩れ落ちる紅葉。
その最中、彼女の失われた記憶が戻りました。
誰かが助けてくれるより前。
家族と弟ととレトロなヒーロー物を見ていて盛り上がっていた時に若人襲来により自宅が崩壊。
崩れ落ちた先、頭が動かせない彼女がその視線の先にいたのが同じく動く事がもはやない弟の無残な姿。
それを救出されるまで見続けた事により記憶を頭が消し去ってしまい、救出された時に自分も困った人がいる時は助けよう、と頭が認識。誰かを助ける正義の味方に憧れるようになり今に至った事を思い出した。
彼女の欠けた仮面を拾うと、それは一瞬光を放ち消滅する。
砕けた仮面こそが彼女のマター品だった。

対峙する過去と現在

倒したはずの紅葉に驚きを隠せないクラリスクレイス。
だが、彼女の攻撃が当たる直前にミラージュステップで避けた彼女は無防備なハドレッドを襲撃します。
最大に貯めたグランツが、ハドレッドに当たる直前。
爆風が起き、小さな影が立ちふさがります。
赤のラインの入った服を着た少女、名前はクラリスクレイス。
その暴走龍を助けるんだな?と過去と現在のクラリスクレイスが対峙する。

過去のレギオス、未来の鈴鹿。
強制命令を使おうとしたレギオス。
それを指摘され、動揺するレギオスは世果の解放を決断するも、それすら見抜かれる始末。
その解放された力をも凌駕してみせるかのぅ?と余裕をみせた鈴鹿に一瞬躊躇した隙を見て倒されてしまう。
[PR]
by yanohahaki | 2015-10-31 09:45 | 追憶の紅葉 | Comments(0)
マターボードの画像を使って偽の話をでっちあげようとしていたこの話。
ネタとしてはまとまって来ましたが、なかなか。
簡単なネタと設定のまとめなんかを。

根底は紅葉さんのキャラクター像を固めるためでした。
正義の味方に憧れ目指そうとするキャラクター、なんですが何故そうなったのか、という所。
また、明確に差別化されていない正義、悪について。盲目的に正義の味方に憧れている彼女の方向性を固めるだけのお話、でした。

君にとっての正義ってなんだい?

シャオに尋ねられた紅葉は即答が出来ません。真の悪、真の正義、わからないまま正義の味方と名乗れない。
ぼんやりと思い浮かぶのは自分のかすかな記憶の中の着物を着た角のある女性が瓦礫をかき分けて助けてくれた事。
あの姿に憧れた。だからああなりたいと思った。

わからないなら、とシャオから渡されたのが鬼子が経験したマターボード端末。
とはいえ、複製し改造したと言う偽物。
鬼子の立ち位置を自分に置き換えて再生する、という彼女を知る旅が可能という代物。それを借りてまず鬼子を知ろうと決意した紅葉ですが、複製された完全ではないマターボードの為に異常事態が発生してしまいました。

[PR]
by yanohahaki | 2015-10-31 09:26 | 追憶の紅葉 | Comments(0)
対立していた2人。
お互いの信じるものをかけて激突する!

な感じで脳内進行してる2人の話。
まだ書きかけの 追憶の紅葉 1章もあるわけですが、布都御魂との因縁はとりあえず完結予定。

1章で語られたのは紅葉が紅葉になった理由。
また、自身の正義に目覚めた話。
ニャウにより混線した世界で、現在、過去、未来が入り乱れた中で目覚めた紅葉の目指すべき正義。

布都御魂編は、紅葉と違う正義を行使する黒いキャスト 布都御魂との対立になります。
任務中にさえ襲う布都御魂、捌く紅葉。
互いの正義の違いに気がつく紅葉と理解しない布都御魂。
2人の決着とは?

と言う感じです、が!

艦これの、アレとかもあるんで何時になる事やら\(^o^)/
脳内から直接打ち込める機能が欲しい(・_・;
[PR]
by yanohahaki | 2015-06-15 09:39 | 追憶の紅葉 | Comments(0)