ブログトップ

矢乃波波木の提督業と雑記帳

yanohahaki.exblog.jp

PSO2 しばらく不定期になります。

カテゴリ:映画( 8 )

f0037491_08250685.jpg

吹雪の艤装だけがダメージ受けてない、と立ち話しているところ。
明石、加賀、夕張、赤城のシルエットです。
あんなにアップシーンが多い加賀や大和、吹雪のシーンがない(・ω・`)
f0037491_08250737.jpg

こちらが昨日のauマンデーで見た時のフィルム。
パッと見、暁なんで。
てっきり敵だ〜!なシーンかな?と思ってたら最後のコマが川内含む多数。
そう、吹雪らを見送り帰ろうとした時に襲撃されたシーンですかね。
川内の他に大井、北上、霧島、暁らが背中向けてます。
このあと、夜はいいよね、また夜に逝くのもさ!
と言うセリフになる感じですか。


大和の最初の砲撃カットとか欲しいな(・ω・`)

[PR]
by yanohahaki | 2016-12-20 08:17 | 映画 | Comments(0)
f0037491_10460148.jpg

先日、不意に思い立ち見に行きました。
ちなみにアニメ版は見てないですから、ちょっと不安、と言うかかなり不安でした。

艦これを名前だけ知っている同僚からも聞いたりしたんですが。

えーと、なんだっけな?史実の海戦を元にした話らしいよ。かっこいい名前なんだよな、えーと。
そうだ!ミッドウェー海戦だ!

( ゚д゚)え、それは死亡フラグじゃないですか、ヤダー。

冒頭、あれ?これは?

戦闘開始( ´ ▽ ` )ノ
誰このイケメン、加古だこれ!
名前の出方がかっこいい。
しかも古鷹に青葉、衣笠さんも!
天龍、鳥海となかなかのメンバー。
ガッサさんはまだ改二ではないのかな。

とりあえず、ミッドウェーじゃなかった( ´ ▽ ` )ノ
まあ、ソロモン言うかアイアンボトムサウンドだが!
こっちでも絶望なイメージがw

天津風や時津風が喋ってた、モブ扱いだがちとちよ、とねちく、あたりも確認。

最終戦の出撃艦隊は整列組8列×4で32名、長門、陸奥で34人くらい。
長門、陸奥、大和、金剛、榛名、比叡、霧島、赤城、加賀、瑞鶴、翔鶴、飛龍、蒼龍、龍驤、千歳、千代田、利根、筑摩、古鷹、加古、青葉、衣笠、鳥海、川内、神通、那珂、天龍、龍田、天津風、時津風、睦月、夕立、熊野、鈴谷、あたりだろうか?作中の食べてるシーンとかにいたメンバーも含めると多分このくらいはいたはずだけど自信ないなぁ。

あ、北上、大井もいたな( ゚д゚)
となると、36名?それとも最後の防衛隊の長門艦隊は除くのかしらん?
となると、40名かしら?

まあ、とにかく。
不安はある中、話はサクサク進んで行き楽しかったですね。
夕立の戦闘時の狂犬ぶりがナイス描写でした。
また、艦娘のあの移動に関しては腰を落としてほしいなー、とか思ったりはしますが、戦闘時は逆に気にはならないなー、と。
火器関係の動きや探照灯なんかの照射に関してもいい感じでした。
艦載機の出現の仕方はカッコ良かったですね。

大ヒット作がある中、しかもアニメ版はかなりアレな評価だったのを考えるに、出来はまずまずだったんではないでしょうか?
日常シーンなんかの絡みで、瑞加賀が少しあったくらいですし変にネタを入れてこなかったのが良かったかも。

いやまあ。
シンゴジラも、君の名は。もですけど、期待しないで見にいくと、意外に悪くなくてw
艦これも期待してなかった(アニメ版並の爆死が怖い)だけに良かった( ´ ▽ ` )ノ

さあ、特典もらうためにあと1回は見なくては!
[PR]
by yanohahaki | 2016-12-11 10:00 | 映画 | Comments(0)
まあ大体、ユリが悪い・・・・(´・ω・`)

呪いのビデオの効果が今までより強力にになってます。

見たら雑音だらけの電話がかかってきます。
その後48時間後に死にます。

なお、呪いとして48時間以内に何かしら死ぬ行為をすると、貞子が現れて確実に呪殺されます。
ようするに自殺しようとしても、貞子が時間ないなら現れて呪い殺していきます。
また、貞子自体が現れてショック死するだけではなく、高いところから落下させて殺す、みたいな流れもありました。

More
[PR]
by yanohahaki | 2016-07-22 18:11 | 映画 | Comments(0)
2chのAAでのまとめで知ったエルトゥールル号事件、テヘラン脱出劇の話でしたが。
今回、映画になったので観に行ってきました。

放映時間の都合で、長いのか短いのか怪しい尺になっていますが、これは仕方ない。

村の人が救出に向かうくだりや、日本国としての対応なんかも入っていても良かったかなぁ。
村側の話がメイン過ぎたのと話が少し早いあたりも気にはなりました。

概ねいい話なんで満足はするんですけれど残念なところがいくつか。
テヘラン脱出成功で終わってしまったのが1つ目の残念。

そうあの有名なアナウンスが入ってなかったんですよね。
トルコ領内に入った時に流れた 当機は無事にトルコ領内に入りました、日本の皆さん、ようこそトルコへ、と言うあれ。

もう一つは、日本の大使がトルコ側に助けてくれた理由を尋ねた時の返し。

なに。エルトゥールル号の恩を返したまでですよ!

この2つが漏れなければ大満足だったかな、と。
追加したバージョンで円盤になるだけでも悪くないんだけど、まあよし。

[PR]
by yanohahaki | 2015-12-19 17:19 | 映画 | Comments(0)
まだ放映中なのでとりあえず、ネタバレ的な話は無しで。

放映前の予告ではいろいろと言葉が羅列されて、とりもどせ! とだけでていなかったので。
あれ、これ実はヤバイのかなぁ、嘘予告だったらいいけど・・とか危惧したものでした。

とりあえず、作品としてはガルパンはかわらないなぁ、というあたり。
またこれは劇場次第なんですが、あの砲撃音なんかも劇場だとかなり響きます。
おそらく、初見だと最初でビクッとするのはうけあいですね。

ガルパン的不思議世界が広がったりもするんですが、全体的には大満足。
もう一度くらい見に行く予定なんですが・・・。会社来るはずの電話がないので今日はいけないかなぁ?

数点残念なのが、作中の戦車の一部に説明がないためなんじゃ、こりゃ?な事があった事。
またボスの戦車の強さの意味がわからない(しっているひとはしっているのでしょうが)のが残念でしたね。

どちらにしても、面白かったので満足満足。
リピーターとしてもう一度見に行こうヽ(=´▽`=)ノ

[PR]
by yanohahaki | 2015-12-18 13:32 | 映画 | Comments(0)
放映終わってからだいぶたちましたけど、今更ながら感想をヽ(=´▽`=)ノ

あらすじはTVとか見ているということで割愛。
OPで何かムサシとヤマトが殴りあいっぽいことをしているところから、場面が変更。

401を襲撃するミョウコウ型の面々、ここで1つアクシデントが。
顔と名前が一致しないwww
前作DCと原作も見ていないので、わからないんですよねw
とりあえず、把握できたのがアシガラのみ、ナチはその同一戦闘でなんとか把握。
ハグロはわかったんですが、ミョウコウがなかなかわからなかったですね。

各艦種が特技じみたものを持っていて、スナイプ、索敵、猪突猛進、高速戦闘となかなか区別化されていました。

途中クラインフィールドが張れないとかいうピンチもありましたが、それを乗り切りいざ決戦へ。

何より戦闘なんかはかなりかっこよくて、日常的、戦闘シーンと静と動がすっきり分かれているので落ち着いて見れましたね。
今作のラストの流れでは残念ながらアニメ2期はないな~って感じになっちゃうのが残念なところか。
色々と残念な部分もあったのは否めないですけれど、何も考えずに観るのにはいい感じでしたね。

結論的にはとっても面白かったです。
[PR]
by yanohahaki | 2015-12-18 13:19 | 映画 | Comments(0)
うん、結論から言うとすっごーく・・・・・・・ダメ。

ヤマトの聖獣としてモスラ バラゴン ギドラの3体が日本を守ろうとしてくれるんですが、まあ見事に返り討ち。
傷を負わせてたところを主人公のおやじの准将が突撃して、ゴジラを内部に飲み込まれて。
内部からドリル魚雷か何かで穴開け、放射熱線を打ち出そうとしたところ・・・ゴジラがその穴から自分の放射熱線をくらい、そのまま自爆となりまして( ゚д゚)

今回の主人公はBSのマイナーテレビ局の、まあ例えて言うならムーみたいな番組のキャスター。
何がダメって言うとこの主人公の女性なんですよねー。
良く言えば、仕事熱心の熱血突撃リポーター。
悪く言えばルールをとにかく無視して興味本位で最後まで迷惑をかけるマスゴミレポーターそのまま。

バラゴンとゴジラが戦っているところに走って行き撮影するも、逃げ込んだロープウェイ乗り場ごとゴジラの攻撃で破壊され・・・・ちゃっかり生きてるし。
また独断専行単独報道と称して、ゴジラを追跡。
防衛隊の避難勧告をも無視して、撮影を敢行。咎められても撮影しようと暴れる。
父親の准将がゴジラに特攻するのを聞くとなんで父さんが!!と叫ぶ。

お前の知らない誰かだったら構わないのか?と2度言われて駄目出し。
取材も仕事だ、と騒いで許可されてレインボーブリッジで撮影すると、ゴジラの放射熱線が橋に直撃。
しかししぶとく主人公補正で生き延びる(気絶したのを同僚が何とか助けてくれた)
そして、父さん無事生還、よかった~でおしまい。

そして海底深くにうごめく巨大なゴジラの心臓のアップでEDへ。ってどこのアメリカ映画だよw

まあ、何度死にかけても追いかけるのはすげーと思うけど、もう中盤バラゴン戦の付近でこいつウゼー、という気持ちでいっぱいになりまして。
ロープウェイ乗り場が壊れた時にはゴジラGJ!!
と思ったくらいです。共感はできないし、とにかく迷惑かけすぎて自分本位。
見ていて この主人公死ねばいいのに・・と思えたのはゴジラ映画でははじめてかもしれないw

ミレニアムの時は娘とゴジラを追いかけているゴジラハンター(特殊移動災害として)。無理はそれほどしていなかったけど、迷惑かけることはそれほどなかったと思いますし。
機龍の時のも結構頑張っていたから、どうなるんだ?とわくわくしたんでしけど・・・。
しかも、バラゴンはともかく、キングギドラとモスラがあっさりと沈むとか、仮にも花型の2大怪獣出しててこれはひどいww
話の種にしてもこれはあんまりおすすめできない作品でしたねぇ・・orz
[PR]
by yanohahaki | 2014-06-27 20:23 | 映画 | Comments(0)
この世界観なら、まあ仕方ないと思うけど。
こんな対G兵器をガチで日本が作ろうとした日には、作成まで何年かかることやらw
他国の侵略を~、とかこっちを攻撃する、とか騒ぐ国家出てくるよなー、とかおもったり。
4年でつくり上げるのは日本らしいっちゃ日本らしいがw

てっきり2000(ミレニアム)シリーズで昭和のような連作と思ったら、毎回設定違うのかー、と思ったり。

ちょいと前にファイナルウォーズみたんですけど、あれも単作扱いの世界観ですからね。
この作品の場合は初代ゴジラの世界線で2匹目のゴジラな話みたいです。
が、そうなるとデストロイアとの整合がつかなくなりますから、またそこで世界線が変わっているんでしょうねー。

まぁ、ゴジラという怪獣が出る映画という認識ならなんでもいいかな。うん。

お約束の暴走、再起 反撃という流れはともかく。
最期なんで海まで引っ張った?とか思う罠。それとやはり、絶対零度も無駄というゴジラのインチキ振り。
まあ、疑問は残るが楽しめたかなぁ。

冒頭で空き缶落としているのは未レミアムの主人公さんですが、客演かなぁ。
[PR]
by yanohahaki | 2014-06-22 21:50 | 映画 | Comments(0)