ブログトップ

矢乃波波木の提督業と雑記帳

yanohahaki.exblog.jp

PSO2 しばらく不定期になります。

大和奪還なのか、大和破壊なのかはおいといて

EP4の世界における地球とは。

アークスのオラクル船団とは、別の世界、異次元にある別の惑星という解釈で進んでいます。
ようするに、あの世界の宇宙には地球という惑星はない・・・・はずになるんですが。

ちょっとまってもらいたい、とある異星の船が一時期停泊していなかったかw
そう宇宙戦艦ヤマトですw
あの戦艦は2199年に航海しています。
EP4の舞台は2028年。

さらにその160年後、という宇宙戦艦ヤマトですが、EP4の地球よりあとの時代のものであります。
となると、2年前に停泊したヤマトは異次元を超えてきたのか、それともオラクル世界にも地球があるのか?となりますね。
ではこの流れはどうしたものかと・・・・当たり障りがない考えをしてみると。

1 2028年の地球はマターボードと同様 過去に飛んでしまっている。時間軸がそこに固定されたため過去に飛んでいっているという認識、観測ができてない。

2 宇宙戦艦ヤマトはワープの余波で異次元を超えた結果、過去のオラクル船団に遭遇、2週間も停泊していた理由はその故障を修理していた為。
地球に時間がないのなら、そんな余裕はないでしょうからね。また未来に向かってワープして行ったのかもですね。

と、都合よく考えてみます。

ちっとだけ引っかかったので書いただけです はい。
[PR]
by yanohahaki | 2016-02-26 13:01 | PSO2 | Comments(0)