ブログトップ

矢乃波波木の提督業と雑記帳

yanohahaki.exblog.jp

PSO2 しばらく不定期になります。

紅葉さんの設定のまとめ

なんとなくな紅葉さんの設定


名前 紅葉
種族 キャスト(元ニューマン)
性別 女性
好きな物 子供
嫌いな物 なし
尊敬する人 心に仮面を被っている人
嫌いな人物 自分の《信念》に反する人
大切な人物 鬼子、雪、自身の知り合い


ヒーローに憧れる記憶喪失だったキャスト。
過去、クラリスクライスと若人との戦いで崩壊したシップの生き残り。
和服を着たデューマンに救助されるも、身体の損傷が激しく、生死が危ぶまれた。

身内は全員死亡、幼い弟の死を目前で見続けていた為、ショックから記憶喪失になった。

彼女の 正義 信念 は事故前に弟と見ていたレトロな作品のヒーローの受け売り。事故の際にヒーローは現実にはいない事、自分に力がないために護れなかった事から、見様見真似で正義を求めていた。
記憶回復後、己の行動か正しいかを自問自答しながらも、借り物ではない信念を貫こうとしている。

心に仮面を被る人物として、ヒューイとアフィンを特に尊敬している。
また、和装のデューマンには恐ろしい程に警戒が抜け落ちる欠点がある。

己の弱さを隠した烏天狗のお面、レッドブレイズアイは心の友になっている。

元々、思考が幼いままだった彼女が、昔憧れ、絶望したヒーローのような力を使えた(キャストになり力が強くなった)ため、アークスに配属されたがその過信、偽りの正義をいち早く察知した鬼子から
ヒーローに憧れるのは構わないけれど、
と釘を刺されたのが以下の言葉。

正義の味方というのは、自身が名乗るものではない、その行動、結果により周りが評価した結果が、そうなるものだ、と突きつけられる。

当時は理解出来なかったが、最近になりようやく理解した模様。

また上記のことを理解した事により、現在様々な活躍をしている 《ヒーロー 的存在》も、今や憧れる人物になっている模様。
[PR]
by yanohahaki | 2015-01-19 09:18 | PSO2 キャラメイク | Comments(0)